演題登録

発表区分 主催 2 学会の会員 非会員 投稿期間 採否通知
口頭発表 × 6/1〜6/30 7 月下旬
ハイライトトラック 6/1〜6/30 7 月下旬
ポスター発表 6/1〜8/10 8 月下旬
ワークショップ × 4/15〜5/24 6 月中旬

口頭発表

  • 応募資格:発表者が主催 2 学会いずれかの会員
  • 使用言語:日本語または英語
  • 発表時間:18 分(発表+質疑)
  • 口頭発表者の中から、研究奨励賞と最優秀口頭発表賞を選抜します
  • 審査:IIBMP 2021 実行委員会
以下の手順で発表登録を行ってください。
  1. 要旨の作成
    • オンライン要旨集に掲載される要旨:日本語全角 600 字以内、または英語半角 1200 字以内。
    • 審査に使用される要旨:英語 2 ページ以内。Word テンプレートで作成後、PDF ファイルに変換。
      Word テンプレート
  2. 要旨の投稿
    投稿には EasyChair を使用してください。オンライン要旨を EasyChair の Abstract 欄に記入し、審査用要旨の PDF ファイルをアップロードしてください。
    IIBMP 2021 EasyChair
  3. 投稿期間:6月1日(火)〜6月30日(水)
  4. プログラム委員会による採否通知は 7 月下旬を予定しています。
  5. プレプリ、原著論文で発表済みのものは原則ハイライトトラックで申し込んでください。(発表時から大きく内容の発展があった場合は除きます)

ハイライトトラック

  • 応募資格:2020 年 1 月以降に発表された論文(*)の著者(非会員でも応募可)
  • 使用言語:日本語または英語
  • 発表時間:18 分(発表+質疑)
以下の手順で発表登録を行ってください。
  1. 審査用資料の作成
    • オンライン要旨集に掲載される要旨:日本語全角 600 字以内、または英語半角 1200 字以内。
    • 審査に使用される資料:発表された論文の PDF ファイル。
  2. 審査用資料の投稿
    投稿には EasyChair を使用してください。オンライン要旨を EasyChair の Abstract 欄に記入し、発表された論文の PDF ファイルをアップロードしてください。
    IIBMP 2021 EasyChair
  3. 投稿期間:6月1日(火)〜6月30日(水)
  4. プログラム委員会による採否通知は 7 月下旬を予定しています。
(*) ここで「論文」とは以下の条件を満たすものとします
  • 英語によって書かれたものであること
  • PubMed, Scopus, Web of Science (Publons), ESCI のいずれかに index されている原著論文誌またはプレプリント(bioRxiv, chemrxiv, medRxiv, arXiv.org, preprints.org, PeerJ preprint のいずれか)であること。

ポスター発表

  • 応募資格:非会員でも応募可
  • 使用言語:ポスター作成は英語、発表は日本語または英語
  • オンライン発表要項:TBA
  • ポスター発表時間(予定)
    • 9月27日(月)16:30〜18:00(奇数番号)
    • 9月28日(火)16:30〜18:00(偶数番号)
  • 発表されたポスターの中からポスター賞を選出します。
  • 審査:TBA
以下の手順で発表登録を行ってください。
  1. 要旨の作成
    日本語全角 600 字以内、英語半角 1200 字以内で作成してください。
  2. 要旨の投稿
    投稿には EasyChair を使用してください。要旨を EasyChair の Abstract 欄に記入してください。
    IIBMP 2021 EasyChair
  3. 投稿期間:6月1日(火)〜8月10日(火)
  4. プログラム委員会による採否通知は 8 月下旬を予定しています。

ワークショップ企画公募

IIBMP2021 では「次世代の生命科学・医薬学を切り拓くバイオインフォマティクス」というテーマを掲げています。近年バイオインフォマティクスという言葉は世の中に広く認識されるようになってきており、その関連領域は、生命科学・医薬学を始め、物理学、化学、農学、環境学、数学・数理科学、情報科学など幅広い領域に及んでいます。そのような中、バイオインフォマティクスの果たすべき役割を改めて議論すべく、IIBMP2021 では、大学、研究機関、民間企業、医療機関など、様々な立場の方が参加できるセッションを数多く用意したいと考えています。 このような背景のもと IIBMP2021 では、ワークショップ企画を会員の皆さまより公募いたします。ご提出いただいた企画案は、実行委員会において厳正なる審査を行ない、採否を決定します。採否結果は 6 月中旬頃に応募者へご連絡する予定です。下記要項をご確認のうえ、奮ってご応募ください。

第 10 回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2021)ワークショップ企画公募

  • 申し込み要旨提出
    ワークショップ企画公募申込フォーム

  • 公募受付締切
    2021年5月24日(月) (締切延長は行いません)

  • 採否結果通知
    2021年6月中旬

  • 募集要項

    • 最大 7 セッション程度採択します。
    • 1 セッション 90 分(その時間枠内での演題数は自由)を予定しています。
    • 講演言語および発表スライドの言語は日本語または英語といたします。
    • 座長(オーガナイザー)は 1 名もしくは 2 名とし、その中で少なくとも 1 名は、日本バイオインフォマティクス学会または日本オミックス医学会、いずれかの会員であることを条件といたします。ここで会員とは、正会員だけではなく学生会員および名誉会員も含めます。
    • 昨年度までと異なり本年度は、当セッションの座長・演者に選ばれた場合でも、口頭発表およびハイライトトラックの演者になることが出来ます。ただし、二つのセッションでほぼ同一の内容を発表することはできません。
    • IIBMP2021 では座長・演者のダイバーシティ推進の観点を重視しております。たとえば、女性を座長とした企画応募、および女性演者のご発表が含まれるセッションに関しまして、積極的に採択させていただく予定です。
    • 座長と演者の参加費免除はございません。
    • ご不明な点は iibmp2021@googlegroups.com までお問い合わせください。